就職面接の心得

転職をするタイミングと考え方

 

給与面や人間関係が転職の理由としては一般的に多いようですが、他にも転職を考えるきっかけとしは、仕事のマンネリ化や職場が合わなかった時・出世が見込めない時・仕事が合わなかった時などなど人によって転職をするきっかけは様々です。

 

転職癖という言葉をよく聞きますが、転職をする際の面接では転職の回数は気にされてしまうもののひとつです。いくら。スキルアップを求めて転職をしていても、長続きしない人と思われてしまうのです。しっかりそこを説明できるように準備をしていないといけません。逆に、企業の人事採用の人はやっぱり気にしてしまうところです。その人とは面接の時と履歴書でしかその人を見ることが出来ないのですからどうしても見てしまうところです。

 

そういうときは転職の回数ではなくて、就職していた期間や転職の理由をしっかり聞いて行くことが必要です。回数はどうしても気になってしまいますが、実際力があっても職場に馴染めなかったりスキルアップを求めていたり考え方の相違など様々な理由があります。しっかり見極める為の採用試験を実施する必要があります。

 

 

最近は、転職を繰り返してしまうひとがたくさんいます。それは、企業側の体質にも問題ありで仕事を長続きしたいけどさせることが出来ない状況になってしまっていることも増えています。その中にはやる気があり、企業の為にとても努力をする人がたくさんいるのです。そういう人を履歴だけで判断せずに採用できると企業の即戦力になってくれるでしょう。

 

就職活動をする人は、転職を繰り返していることに引け目を感じず就職活動をしっかりすること。ブラック企業も増えてきているので、そういう会社を自分で見極める力と情報収集力を身に付けること、長く働ける会社を見つけてまずは仕事を続けることを目標にして仕事をする楽しさを感じられる企業を見つけましょう。

 

仕事をすることはとても大切なことです。生活をしていく為に必要なことですし大切なことです。長く同じ職場にいることはとても大切なことですが、時と場合によっては転職をすることが必要なこともあります。

 

悪いイメージを持たずに、タイミングをしっかり見極めてすることが大切です。

 

転職のときに見られるのが無職の期間です。

 

転職のときには履歴書を提出します。前の職場を辞めてから今までの期間が長ければ当然不利になるのです。
というのもブランクとみなされるからです。ちなみに無職の期間は大体二週間まででしたらそれほどブランクとされません。しかし一か月以上になりますとブランクとみなされます。

 

ただし一か月以上の無職期間があると絶対に転職できないのかというとそうではありません。
例えばその間にスクールに通っていてスキルアップをしていた場合には不利にはなりません。

 

ただし特に何もしていなかったり、自分探しをしていた場合などでしたら不利になります。
長い間無職でいてますと転職をした後もちゃんとやっていけるのかと不安視されるからです。
仕事をしていない間は早起きもしなくてもよくなりますし時間の自由があります、しかし転職をすると自由時間が少なくなります。自由な時間を長く過ごして来た人はちゃんと職場環境に順応できるのかと思われてしまうのです。

 

ですので転職をするのでしたら、できるだけ現職の間に次の就職先を見つけるようにしてください。アパレルプレス求人を見つけるならココ!

 

やめてから長期休暇をとって遊びたいというのもいいのですが、どうしても仕事を探すのが億劫になってしまうからです。そうなると余計に転職が遠のいてしまいます。

 

 

ただ寿退社や出産のための退社によって数年間のブランクの後で転職をする場合には条件は悪くなるものの資格を持っている方は職場が見つかる場合もあります。


昔は終身雇用が前提となっていたため、あまり転職しようとする人は多くありませんでした。しかし、時代は変わったのです。現在では、終身雇用のシステムは崩れてしまい、正規雇用として採用されていても、決して安泰とは言えなくなりました。そのため、時期を見て転職を考える人も増えているのです。

 

転職活動をする人が増えたことで、企業の側も中途採用を頻繁に行うようになりました。

 

しかし、簡単に転職することができるわけではありません。転職活動で面接を受けると、必ず問われることがあります。たとえば、その企業に応募する以前に、転職したことのある回数です。その回数があまりにも多い人は、しっかりと腰を据えて働くことができないと思われ、敬遠されがちです。

 

自分と同じくらいの年齢・勤務経験の人が、何回くらいの転職をしているのかを知っておくことは、自分が活動していく上で非常に有益です。平均の回数を把握するわけです。20代から30代の会社員を見てみると、平均としては3回から5回くらいです。したがって、特に注意が必要なのは6回以上になってしまった場合です。

 

なぜ短期間で会社を退職したのかを明確に説明する必要があります。面接担当者に納得してもらえる理由を説明できなければ、採用される可能性は極めて低くなります。

 

企業の側としても、すぐに辞めてしまう人を採用したくないのです。
採用する以上は、ずっと働き続けてもらいたいと考えているため、転職の回数を厳しく考慮しているのです。


転職回数だけで見た場合、やはりあまりにも多いのは転職をする上では不利になります。
しかし何回以上なら不利になるという明確な基準はありません。

 

基本的にはその人の年齢によります。同じ転職回数であっても若い方と年配の方でしたら若い方のほうが不利になるのです。
若い方の場合は同じ回数であっても年配の方に比べて短い期間で転職をしているということになるからです。

 

転職が多いと不利になる理由はすぐに辞められるリスクが高いからです。
やはり経験者であっても今の会社で慣れてもらうのには少し時間がかかります。しかし慣れる前にやめられてしまいますとただ職場にとっては損にしかならないからです。
最初からすぐにやめられそうな人を排除するのは当然のことなのです。

 

ただ例外もあります。例えば前の会社が倒産をしてしまい、転職を余儀なくされてしまった場合には許容されます。あるいは以前の会社があまりにも待遇が悪く労働基準法違反をした場合などのも許容されるのです。

 

もしも回数が多い場合には必ずその理由を聞かれますので、きちんと説明をしてください。

 

自己都合の場合には許容されません、リストラにあってしまった場合でもリストラにあうような人物ということで不利になることもあります。
最初はよく転職していたものの最近なってからはかなり長く続けていたという場合には不利にならないこともあります。

 

不利にはなるもののこれだけで合否を決めるわけではありませんので、就職したい会社があれば応募してください。判断するのは応募先の企業の担当者になるので、考え方やその時欲しい人材にピッタリとはまるようであれば、多少転職回数があろうとも採用される可能性もあります。